看護師

うつ病が酷くなったら専門機関で入院を|安静治療ガイド

症状が軽い間に治療する

ドクター

うつ病は重症の場合は入院することもあります。入院を拒否する患者は、場合によっては強制入院することもあります。できるだけ重症になる前に、周りの理解や協力を得て、信頼できる医師を探し、回復に向かいましょう。

Read More

誰でも成りうる精神疾患

苦しむレディー

現代病となっている精神疾患の中でも急増しているうつ病は、その治療方法は今現在においては多岐にわたっており、外来通院や入院治療いずれにおいても安心して治療を受けることができるレベルにあります。その中で時間をかけてゆっくり治療に専念することが肝要です。

Read More

心の病の治し方

先生と患者

精神的症状と身体的症状が表れる病気としてうつ病があります。自殺願望が現れていたり、身体が極度に衰弱していたりするような場合には入院することもあります。うつ病になった際は、精神科や心療内科、メンタルクリニックなどを受診しましょう。

Read More

社会問題にも発展している

カウンセリング

近年うつ病は患者数が急増しており、社会問題になっています。悪化すると自殺願望や身体の衰弱などが見られるため、入院が必要となる場合もあります。うつ病の原因は脳内のセロトニンが不足することです。規則正しい生活、運動、食事などによって効果的に予防することが可能です。

Read More

精神科病院

病院

精神科病院の現実

うつ病になり入院を勧められた方の多くが拒否する傾向にあります。その理由としては、精神科病院に対するマイナスなイメージがあるということが挙げられます。このようなマイナスのイメージは、異常者が入院しているイメージからくるものです。しかし、精神科に入院されている患者さんの大半はおとなしく、優しい方が多いです。稀に幻覚や妄想などの症状で暴れる方がいますが、医師や看護師が迅速に対応してくれるので安心して下さい。またうつ病における入院期間は大抵の場合が数ヶ月ですので長期入院の心配はありません。投薬は単剤化といいって「薬はなるべく1剤に留めよう」という考えが精神科医療の主流となっているので、薬依存症になるということも有り得ません。また、精神科病棟には確かに隔離室はありますが、そこに入れられるのは他の患者さんに危害を加える可能性がある患者さんなどで、本当に必要なときに最低限の期間使用されるだけです。また室内も清潔に保たれているので快適な入院生活をおくることができます。 このように、精神科病院は決して一般の方々イメージされるような暗い場所ではなく、きちんと人権の守られた安心出来る場所です。

退院までの流れ

うつ病で入院を勧められる理由は「うつの程度が重症」「自宅で安静加療が出来ない」などです。 よって、入院直後はひたすら安静にゆっくりと過ごします。但し生活のリズムが崩れると気分も不安定になるため、朝起きて日中はひたすらゆっくりと過ごし、夜はきちんと寝るという規則正しい生活を送ります。その生活から数日〜数週間経過しうつ状態が改善してきたら、少しずつ活動を開始します。病院の外を散歩したり、作業療法に参加したり、自分の好きなことを無理のない範囲内で行っていきます。これと同時に、カウンセリングやケースワーカーさんとの面接が行われる場合もあり、これまでの自分の生活を見直したり、再発しない方法の検討や今後のことについて考えたりします。そしてだいたいの活動が出来るようになれば退院を視野に入れた一時帰宅などをします。これを数回繰り返し問題が無いようであれば退院です。但し、これには病状などによる個人差がありますのであくまで参考程度に留めておいて下さい。 うつ病で入院するのは不安や抵抗感はあるとは思いますが、改善に向けて入院が必要な場合は、入院を拒否せずに受け入れましょう。

心の病気の治し方

診断

うつ病は精神的症状だけでなく、睡眠障害や食欲減退などの身体的症状も現れる病気です。これによって身体が極度の衰弱状態になると入院する必要があります。自殺願望が強い、症状が慢性化している場合などにも入院することがあります。入院するメリットは休息がしっかりとれることです。休息はうつ病の予防にもなります。

Read More