眼鏡の女医

うつ病が酷くなったら専門機関で入院を|安静治療ガイド

心の病の治し方

先生と患者

症状が重い場合

うつ病とは精神的症状と身体的症状の両方が現れる気分障害の一種です。気分障害にはうつ病性障害と双極性障害の2種類があります。うつ病で見られる症状は非常に種類が多いと言われています。まず精神的症状では、抑うつ気分や気分が落ち込む、悲しい、集中力や思考力が低下、注意力散漫、さらにやる気が起きない、楽しくない、興味や関心がわかないなどがあります。身体的症状では、慢性疲労や倦怠感、睡眠障害、他にも食欲の異常、ホルモンバランスの乱れなどがあります。これら以外にも数多くの症状が現れ、時には別の病気と間違われることもあります。うつ病はほとんどの場合、通院によって治療が行われます。ですが、症状が悪化している場合には入院することもあります。入院が適当と判断されるのは次のような場合です。精神症状の悪化によって自殺願望が強くなっている場合、睡眠障害や食欲減退などによって極度に身体が衰弱している場合、副作用が強く薬の服用ができない場合などです。また、うつ病が慢性化している場合や家から出たほうが良いと判断された場合にも入院をすすめられることがあります。この中で特に危険な状態と言われているのが命に関わる可能性のある自殺願望がある場合と身体が衰弱している場合です。かなり症状が強く出ている時には強制的に入院させられることもあります。症状が重いほど治りが悪く再発の恐れもあるので、早めに病院へ行くのが良いでしょう。

病院の探し方

うつ病を発症した際、行くべき病院やかかるべき科があります。症状の程度や種類によって異なりますが、精神科や精神神経科、神経科や心療内科、さらにメンタルヘルス科、メンタルクリニックなどと書かれている病院や科を選ぶのが良いでしょう。特に最近はうつ病患者の数が急激に増加していることもあり、うつ病専門の科を設けている病院や専門のクリニックなどが非常に多くなっています。わからない場合は直接医療機関に電話をして確認しても良いですし、インターネットで検索してみるのも良いでしょう。うつ病専門病院の検索サイトがいくつかありますので、とても探しやすくなっています。また、クチコミや人気の度合いなどもわかるので大変便利です。何も知らないまま受診すると、場合によってはいくつも病院を転々とする可能性もあります。そうならないためにも、事前に情報を仕入れておくのは良いことだと考えられます。病院で行われる治療は薬物療法と精神療法になります。これらの治療に加え、休養をとることもうつ病にとっては非常に大切だと言われています。